カテゴリ:news



2020/05/22
家事に育児にお仕事に毎日精一杯がんばっているママたちへ、ほんのささやかなご褒美を―。フードにオシャレ、マッサージにショッピング、ワークショップや体験会まで。 ママとベビー&キッズのためのイベント「ゆるり」2020年6月開催時の出店者一覧です。

2020/05/22
新型コロナウイルスの感染拡大で、テレワークを取り入れた企業は多いのではないだろうか。働き方改革に携わる比嘉華奈江さんは「テレワークの経験は強みになる。コロナの終息後も、テレワークを一過性で終わらせず、柔軟な働き方に変えるきっかけに!」と話す。テレワークを導入する、さらに進めるためのポイントを紹介する。

2020/05/15
組織支える人財を育成 福祉の仕事を原点に、まちづくり、組織づくり、教育分野へと活動を広げ、人材育成コンサルタントとして活躍する幸喜穂乃さん(47)。「働くってすてきなこと。一人一人の内に秘めた力を引き出して、変化や成長に立ち会える瞬間が何より楽しい」。延べ6000人との関わりを通して生まれた、主体性を育むサポートで、個人と組織の成長を支える。

2020/04/26
海にはたくさんのごみがあり、その中の一つが「シーグラス」です。瓶の破片が波を受けて角が取れたもので、私はそれをアクリル板に貼り付けて海の生き物などを表現しています。私のシーグラスアートが、海のごみ問題を考えるきっかけになればうれしいです。

2020/04/14
素肌が輝く「肌断食」 表紙の撮影時はアイブローとリップ代わりにワセリンのみ。現場では「本当にすっぴん?」とため息がもれた。Akaneさん(47)は基礎化粧品や化粧品を断つ「肌断食」を提案している。「早く50代になりたい。その時に今よりキレイになれて、素肌で勝負できたら格好いいでしょ」。輝く美しさの源には、素肌への自信がある。

2020/04/14
素肌が輝く「肌断食」 表紙の撮影時はアイブローとリップ代わりにワセリンのみ。現場では「本当にすっぴん?」とため息がもれた。Akaneさん(47)は基礎化粧品や化粧品を断つ「肌断食」を提案している。「早く50代になりたい。その時に今よりキレイになれて、素肌で勝負できたら格好いいでしょ」。輝く美しさの源には、素肌への自信がある。

2020/03/27
私たちが着る服には、洋服と和服があります。着物は帯を結んだり、ルールが難しいというイメージがありますが、普段着として着る着物は気軽で自由で簡単です。和服を取り入れた暮らしは、ちょっと違う自分を発見できて、日々が楽しく、豊かになる。「ふだん着物」の魅力を伝えていきたいと思っています。

2020/03/23
4月2日は、「世界自閉症啓発デー」。自閉症をはじめとする発達障害について取り上げます。近年増加していると言われている発達障害の人は、あなたの身近にいるかもしれません。発達障害がどんな障害か、どんな困りごとがあるのか、経験談や医師のインタビューを紹介します。

2020/03/11
中国語講師が私の天職 沖縄で中国語を教えて20年ー。受講生の成長する姿を見るたびに達成感を感じ、この仕事が天職だと思っています。中国で国語の教員として働いた経験や、日本語を学んだことが私の強み。独自に生み出した指導法や、中国文化の体験なども交えて効率的に楽しく学んでもらえるように工夫しています。

さらに表示する